日本人に生まれたからこそ..大切にしたい想い、文化を 共有したい..          素敵なご縁にありがとう^^ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


こんばんは^^ひよこまめです。

猫舌って、どうやったら治るのでしょう。。。
お茶が大好きなのに、熱々のお茶がなかなか飲めなかったり、
お茶の拝見(鑑定)の時にやけどしてしまったりします。^^;

どなたか、猫舌克服法ご存知でしたら教えてください!(笑)



日本茶は、世界一繊細な淹れ方をするお茶、と言っても
過言ではないくらい、特に淹れる時のお湯の温度には気を配ります。

お茶の品種、産地、製法、仕上げの違いなど、お茶の形状を見て、
そのお茶に最適な淹れ方に照準を絞って淹れていきます。


日々、日本茶と向き合っているので、最近は中国茶から
少し距離を置いてしまっています。
(この間、華泰茶荘さんで、久し振りにきちんと
 中国茶をいただきました。)

次の目標は中級茶藝師!

でも、資格という肩書きを超えた精神性、人間性が、
結局のところはお茶に反映してしまうので、
初心忘れず、自分を戒めながら、精進..です。

中国、杭州の茶館にて..
お茶を淹れてくれたお姉さん。
茶藝師のお姉さん




にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサーサイト

スポンサードリンク


【2009/03/09 23:53】 | 中国茶
トラックバック(0) |
こんばんは、ひよこまめです^^

先日行った、華泰茶荘さんで飲んだお茶について...
(華泰茶荘=ファータイチャソウ)

井の頭線の渋谷駅からすぐの所にある、華泰茶荘さん。
4階建ての建物で、1、2階は茶器と茶葉の販売、
3階が茶藝館、4階が個室、という造り。

私は、大兎嶺(ダイウリョウ)烏龍茶、相方さんは
木柵(モクサク)鉄観音を注文。

両方とも台湾のお茶です。

テーブルの真ん中に中くらいの茶盤がひとつ。
一煎目はお店の方が淹れてくれて、二煎目からは
自分たちで淹れていきます。

大兎嶺

大兎嶺は、高山茶の一種で(標高2600m程)清香系の
やさしく、香り高いお茶です。
(ちなみに、有名な凍頂烏龍茶が栽培されている凍頂は、
 標高700m程だそうです。)

木柵鉄観音は、発酵(酸化)度が高めで、焙煎の強い
お茶です。
焙煎が強めなので、こおばしい香りがしますが、
甘くて芳醇な味わいに、お茶酔いしてしまいそうなほど。


いいお茶を飲んで、いつも思うのは『煎がきく』ということ。

煎を重ねるたび、美味しさの色彩が変化していく...
茶葉に隙がないんです。(すごいなぁ...)

大兎嶺水色
(大兎嶺の水色。黄金色です。)

まるでお酒に酔ったように、身体がホカホカしてきて、
ぽわぁ?ん、となるのも、中国茶の不思議な魅力。
(特に発酵度高めの青茶に、酔いやすい気がします。)

最近はずっと日本茶漬けだったので、久し振りに
素敵な中国茶に出逢えました^^ 多謝?☆





にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2009/02/26 22:43】 | 中国茶
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。