日本人に生まれたからこそ..大切にしたい想い、文化を 共有したい..          素敵なご縁にありがとう^^ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


こんばんは、ひよこまめです。^^

最近、日本産の紅茶に慣れてしまったせいか、久し振りに飲んだ
ダージリンが強く感じられて、びっくりしました。
和紅茶はやさしい渋みのおかげで、ストレートでもたくさん飲む
ことができます。

さて、ちゃんと紅茶作りのお話。(笑)
お茶の品種は『やぶきた』です。

先日の紅茶作り、使用したお茶の葉は4番茶だったため、葉肉が
厚く、なかなか萎凋(いちょう)が進みませんでした。

萎凋(いちょう)・・・お茶の葉を摘んだ後、広げてしおれさせる
           ことにより、花の様な香りを出す工程。



この萎凋させる具合、茶葉の状態やその日の気温、湿度によって
左右されるため、とても難しいのです。
柴本製茶さんでは、最適な状態で次の工程にもっていけるよう
長年のデータから割出された、数値化された香りの具合で萎凋の
時間を見極めるそうです。

やぶきた発酵前


↑ 写真は、機械での揉む作業が終わった後の段階。
この後、湿度の高い場所で発酵させ、乾燥を経て出来上がりです。

機械で揉んだ後、発酵後、乾燥後、と、3回それぞれの段階で
お茶を飲ませてもらいました。
機械揉みの後は青い香りが際立ち、発酵後が最もフルーティー、
乾燥後は、落ち着いた紅茶の味になりました。

それぞれの段階で飲み比べることで、それぞれの作業が、お茶に
どんな効果をもたらすのか、実感することができます。

ひとつのお茶の木から、これだけ違う味わいのお茶ができること。
知識で知っていても、実際に目の当たりにすると、感動してしまい
ます。

お茶だけでなく、どんな物も、当たり前にそこにあるのではなく、
自然の恵みから、いろんな人の手を経て、時間を経て、自分の
元に届くということ...。

物が溢れかえるこの世界で、そんな根本的なことを改めて気づかせて
もらえたことにも、感謝です。

まだまだ知らないことだらけ。日々勉強、日々精進。。。
。。。〆(.. )))



にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサーサイト

スポンサードリンク


【2010/10/06 21:23】 | 紅茶のこと
トラックバック(0) |


静岡大好き
おいしい紅茶ができるまでいろいろな工程があるのですね。農家さんは四苦八苦しながら作っているのでしょうね。感謝しながら飲まないといけませんね。


ひよこまめ
静岡大好きさん

コメントありがとうございます。
当たり前に日々生活をしていると、
作り手の方のこと、自然の恵みのこと、
ついつい忘れてしまいます。

日々の感謝とともに、いろいろなもの(人)の
背景や想いを汲み取れるようになりたいです。^^

コメントを閉じる▲
こんばんは、ひよこまめです。

秋雨前線の影響か、今夜はしっとり雨模様。
秋の長雨を、秋梅雨入り、秋湿(あきじめり)
とも呼ぶそうです。
熱々のお茶が美味しく感じられる季節が、
近づいてきましたね。

最近では、国内でも、特に二番茶から紅茶を
作る方が増えてきました。
(先日、鉄腕ダッシュでも、TOKIOのメンバーが
手揉み茶、烏龍茶、紅茶作りに挑戦していまし
た。)

緑茶も紅茶も烏龍茶も、お茶の葉の元は一緒
なのですが、インドなどで栽培され、作られる
紅茶と違い、日本のお茶の品種で作る紅茶は、
渋みが少なく、とても飲みやすいのです。

先日、牧之原の柴本製茶さんの紅茶作りに
お邪魔しました。

柴本製茶さん


広い!!大きい!!
探検ごっこやかくれんぼができそうなほど、大きな
工場です。

今回作る紅茶用のお茶は、日本の緑茶の中でも
生産量が最も多い、『やぶきた』という品種です。
収量、耐病性、味、香りなど、様々な面で優良品種
なのです。

しかし最近では、個性重視の傾向もあり、各地で
色々な品種のお茶が作られています。
今回びっくりしたのが...

『くらさわ』の紅茶!

くらさわ紅茶

写真では見づらくてごめんなさい...。

(2009年の記事 『幻のクラサワ』 カテキン含有量が多い
品種です。)

緑茶で頂いたときは、ぐぐっと底力のある、男性的な
味わいでしたが、紅茶のくらさわは、とても女性的!
洗練された紅茶としての貫禄は、もちろん作り手の
技でもありますが、こんなに表情を変えてしまうとは。

お茶の葉の香りを聴いただけで、作った方の想い、
情熱まで伝わってくるほど...。
品種ごとの個性を大事にしつつ、香りの具合、渋みの
バランスなど、慎重に、大事に作られたお茶です。

お茶の魅力に、まだまだ引き込まれっぱなしです。^^


...つづく



にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2010/09/27 22:10】 | 紅茶のこと
トラックバック(0) |


静岡大好き
確かお茶の葉を発酵させたものが紅茶なんですよね。だから緑茶の生産地は紅茶の生産地にもなるわけなんですね。静岡は国産紅茶の発祥地である丸子が有名ですよね。くらさわの紅茶どんな味なのか飲んでみたいですね。きっと深い味なのでしょうね。


ひよこまめ
静岡大好きさん

コメントありがとうございます。

そうです。緑茶は発酵させず、そのためにみどりの色が
保たれるのですが、紅茶はしっかり発酵させるため、
綺麗な赤色になるのです。
(香りの成分や味も変わってきますね。)

くらさわの紅茶はかなり珍しいですが、最近は日本産の
紅茶が増えてきたので、その中で飲み比べをするのも
楽しいですね。
そんなセット、あるといいな。


はらまめさん、どうですか?^^



はらまめ
飲み比べ、確かにお酒でもワインでもビールでも
アッ、アルコールばかりですね。^^
楽しいですよね。それに知識・背景がわかれば言う事なしです。
茶空間というお店に最近、茶葉手箱と言う飲み比べセットがシリーズ化されています。
今の所「静岡やぶきた編」と「薫る釜炒り茶編」の2種類です。
スタッフのお話の様子ですと、「和紅茶編」あり得るのでは?
もしそんなセット出来たら楽しいですね。
期待したいところです。(^^ゞ


ひよこまめ
はらまめさん

コメントありがとうございます。
和紅茶は、品種別、または産地別も
面白いかもしれないですね。

商品化、となると両方は難しいのでしょうが、
お煎茶のように、牧之原のような大地のものと
春野町のような山間地のものでは、やはり
味わいが違うように感じます。

お煎茶の魅力も伝えつつ、新しい取り組みとして、
これからも和紅茶から目が離せませんね!

コメントを閉じる▲
昨日、Ohno Camera Works さんへお邪魔した帰りに、
久し振りに外でお茶をしました。
(普段は、家か職場で、ひたすらお茶に浸る日々なのです。)

呉服町の中国茶館 fu-cha さんへ寄る予定が、あいにくお休み。
市役所向かいの、小さな紅茶屋さん、ダージリンさんで
ひとやすみ。




きなこロール♪





いただいたのは、ケーキセット(きなこロール♪)

やはり、クリーム系のスイーツと紅茶は、良く合いますね。


ふと、お店のとロゴを見ると...since 1983
1983年...私よりひとつ、年下。(笑)



こういう昔ながらのお店が、これからも頑張って
欲しいです^^ ご馳走さまでした♪





にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2009/02/13 23:15】 | 紅茶のこと
トラックバック(0) |
暑い日が続いているので、お茶も水出しにしたり、
冷やしたりして飲んでいる、今日この頃。

先日は、今年の『明前西湖龍井』を水出しで
頂きました^^
少し渋みが強かったけれど、独特の青さの残る
釜炒り風味がなんとも..旬の味わい。

そして今日は、棚の奥に忘れかけていた
『Z?1』(紅茶)を取り出して、アイスティーに。

この『Z?1』という品種、調べてみたところ、
『たまみどり』という品種茶の自然交配実生..
だそうです。(汗)
育成地「金谷」となっていますが、試験場のことかな?
とりあえず静岡生まれの紅茶です。

他のお茶とブレンドされてしまうことが多いらしく、
『Z?1』として売られてはいないとのこと。

貴重な..たぶん、もう飲めないだろうと考えながらも、
思い切ってダブルクーリングでアイスティーに!

上品な渋みと、主張しすぎない、やさしい香り。
ダージリンやアールグレイも好きだけれど、
控えめな渋みの日本の紅茶が好き。

中国紅茶だと、浙江省の『九曲紅梅』も好きです^^

さて、そろそろ梅の季節♪
龍井茶&梅シロップのシェイクが美味しいと
本で読んだので、今年は梅シロップ作りに
挑戦してみたいと思います!!


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2008/05/30 23:22】 | 紅茶のこと
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。