日本人に生まれたからこそ..大切にしたい想い、文化を 共有したい..          素敵なご縁にありがとう^^ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


こんばんは^^
どちらかといえば和菓子が好きだけれど、
チョコレー党でもあるひよこまめです♪



先日いただいたケーキ...

ショコラファン

鷹匠にある、ショコラ・ファン (Chocolat Fin)さんのケーキです。



私は、生クリームやショートケーキは、あまりたくさん
食べられないのですが、甘過ぎない生クリームと、
口の中でほどけるような食感のスポンジにびっくり!

モンブラン?の上のマロングラッセも上品な甘さで、
とてもしっとりとしていました。^^
美味しいものは幸せ♪

素敵なケーキに感謝☆

エディさん、修行頑張って下さいね!^^





にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサーサイト

スポンサードリンク


【2009/03/31 23:37】 | 徒然
トラックバック(0) |
こんばんは^^
お茶セラピスト修行中のひよこまめです。

最近は、ちょっと飛ばしすぎのせいか、
やや体調不良気味...
ブログの更新も停滞気味でした...

でも、好きなことをして忙しいのは、
とても幸せなことなのです^^


さて、先日、6年熟成のお煎茶を頂きました!



クラサワ水色




品種は『 くらさわ 』
(やぶきた自然交雑実生)

お茶が好きで好きで仕方がない...
そんなお茶農家のおじいちゃんの人柄が
伝わってくるような..

ずっしりと熟成茶特有の味がするのに、
なぜか奥ゆかしさを感じる..そんなお茶。

主張しすぎない..でも、深みのある味わい。



以前にも、熟成茶の記事を書きましたが、
熟成するにも、お茶によって向き、不向きがあります。



6年の時を経て、なお生き続けるお茶..





クラサワ茶葉





お茶を飲んだ後は、茶葉も勿論頂きました。^^



なかなか消費者の方たちにまで伝えきれない、
お茶の裏に秘められた努力や情熱...



もっともっと、上手に伝えていきたい..
そして、自分自身も、もっともっと勉強せねば...


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2009/03/29 22:38】 | 日本茶のこと
トラックバック(0) |
巷で人気の生キャラメル。

花畑牧場の生キャラメルシリーズに、マンゴー味♪
仲間入りする予定だそうで...

マンゴー好きの私には気になる話題ですが、
生キャラメルは、なかなか良いお値段で...
自分で買うのにはためらってしまいます(。。;)))



そんな中、思いがけず頂いたのが、



『 津軽ソイメル 』


醤油生キャラメル


青森の醤油醸造元で作られた、本格醤油生キャラメル。


口に含んだ瞬間、溶け出すなめらかさ!
あ???、渋めの深蒸し茶と相性抜群...。^^


普通の生キャラメルよりも、断然好きです、この味♪
やっぱり、日本茶に合うからかな?


静岡の茶ックバウアーさん、どうもありがとう^^








にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2009/03/26 23:14】 | 徒然
トラックバック(0) |
しゃれて鱒

...。




シャレなの?お洒落なの?(。。;))





原材料の中に、『鱒(ます)の粉末 』という記載が!!





うなぎパイに対抗?!

でも、うなぎパイがうなぎ味ではないように、
鱒の味はしませんでした。(笑)^^;
(中身は美味しい白餡♪)



富士宮銘菓だそうです。



『 宮の菓子恋処 』 とも書いてありました。



菓子恋?   賢い???



う?ん、なんとも謎なお菓子。

でも、日本茶には良く合いそうです。^^





にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2009/03/26 21:31】 | 徒然
トラックバック(0) |
こんばんは^^ひよこまめです。


先週、早くも鹿児島からお新茶が届きました♪
まだ生産量の少ない、『 松寿(しょうじゅ) 』
という品種です。

さっぱりとしていて、甘みの強いお茶。
熱めのお湯で淹れてもあまり渋くならず、
青い香りが春を感じさせてくれます。^^

水分の多い生茶なので、出がらしを食べられるんです!

湯通しして、酢味噌や酢醤油などでも美味しいのですが、
今回は初めて、佃煮に挑戦してみました。


味付けは、お醤油、みりん、酒、塩、山椒など。。。


調理師の父から、
『レシピには頼るな!自分の舌の感覚を養え!』
昔から言われていたため、分量は適当。(笑)

茶葉と調味料を加えて弱火で煮ながら、
味を整えていきます。

煮る時間も...適当。(笑)
柔らかさの好みも人それぞれなので、味見しながら
良さそうなところまでくつくつと煮ていきます。

お茶の佃煮
左側が出来上がり。


初めてにしては...まぁまぁ、かな?

ちょっと煮過ぎて、山椒も少し多かったです。
(反省)


これから新茶前線が北上してきます。
霜の被害が、どうか少なくありますように...。

今日も自然の恵みに感謝☆^^





にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2009/03/22 23:25】 | 日本茶のこと
トラックバック(0) |
こんにちは^^ひよこまめです。

前回、氷出しした手揉み茶を、今度は
普通にお湯で淹れてみました。

手揉み茶淹れる前

↑淹れる前


沸騰させたお湯を湯冷ましして、40℃程に..

茶葉の周りからゆっくりと、器の半分位まで
注いでいきます。

じっくりと4分、待ちます。


お湯出し手揉み




さて、お味は...?















やっぱりからいっ!゜・(>_<)・゜








某お茶カフェ店長さん曰く、時々、茶葉自体が
からい場合があるそうで...


『半年くらい熟成させるといいかもね。』
とのアドバイスを頂き、熟成させてみることに...。




さて、どうなりますことやら...。
結果は、2009年秋頃公開予定。(笑)


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2009/03/21 23:24】 | 日本茶のこと
トラックバック(0) |
こんばんは^^ひよこまめです。


先日の手揉み茶、まずは“ 氷出し ”
いただいてみました。

氷出し手揉み淹れ


宝瓶(ほうひん)という、蓋碗に注ぎ口がついた
形状の茶器を使いました。
(玉露などを淹れる時に使います。)


氷出し手揉み茶



茶葉の上に、氷を直接乗せて、1時間ほど
じっくりじっくり待ちます。




頑張って揉んだお茶。
果たして、そのお味は...





















υ(゜○゜;)))か、からいっ!!










お茶の味で、『からい』味、というのは、
あまり知られていないと思います。
(たまに、玉露の味にも現れたりします。)



唐辛子のようなからさではなくて...


何て言うのかな...

とにかく、とがった味なのです。





う?ん...残念。




本来、氷出しをすると、渋みや苦さは
ほとんど出ず、濃縮された旨み、あまみが
前面に出てくるのですが...。



何故でしょう。。。




...to be continued



にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2009/03/20 23:37】 | 日本茶のこと
トラックバック(0) |
こんばんは^^今夜はお茶酔いしてます、ひよこまめです。

何のお茶を飲んでいるかというと、


『 京番茶 』




京番茶の枝
↑これは、あまりにも長い枝にびっくりして、
 思わず撮ってしまったもの。(笑)

某お茶カフェ店長さんに、「これ、お茶の枝ですか???」と
聞いてしまったほど。(苦笑)


ワイルド京番茶
なかなかワイルドなお茶ですね。^^


私は猫舌故、高い温度で淹れるべきお茶を、
湯冷まししたお湯で淹れることがあります。

さっきも、80℃くらいのお湯で淹れたのですが、
やさしく甘く入ってびっくり。

加賀棒茶とはまた違う、緩やかな低音の甘み。

就寝前のせいもあってか、身体と頭がぽわ?っと
してきました。(_ _ )))。゜



被覆したお茶の後に刈るから、こんなにやさしい
味になるのかな?

でも、いろんな京番茶を飲み比べないと、
わからないんだろうなぁ...。

日本の後発酵茶(黒茶)と言われている、
阿波番茶や碁石茶も飲んでみたいなぁ。


静岡は、あまりほうじ茶や番茶を飲む習慣がないから、
全国の番茶セットとかあったら、マニア受けしそう。^^


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2009/03/19 23:43】 | 日本茶のこと
トラックバック(0) |

No title
オオタケイスケ
全国の番茶セットあったらいいですね。
買いますよ、絶対。

お番茶番長(笑)
ひよこまめ
わぁ!!!(゜゜;)))

そうでした、お番茶と言えば、ケイスケさんでした!

コメントありがとうございます。
私は、お番茶については全然詳しくないのですよ。(汗)

お番茶&ほうじ茶セット、いいですよねぇ。
お煎茶至上主義の方が多い静岡だからこそ、
逆に新鮮かもしれません。

店長さんに相談してみようかな?^^


No title
オオタケイスケ
やや、僕も全然詳しくないんですよー。
でも、庶民の平常の茶、という意味で
番茶が好きです。

コメントを閉じる▲
こんばんは、きものびと修行中のひよこまめです。


来月上旬、お着物の試験を受けます。
前回は実技のみ(名古屋帯のお太鼓結び)でしたが、
今回は実技(袋帯の二重太鼓)と学科の両方です。

着物学科試験


お着物の各部位の名称、柄の種類、お着物の産地と種類、
TPOに合わせた選び方、などなど...。

日常では使い慣れない漢字や単語が、たくさん出てきます。
大切な日本の文化なのに、全然知らないんだなぁ..と反省...。


お着物に限らず、義務教育の中でも、もっともっと日本文化について
学ぶカリキュラムがあればいいのに..と思わずにはいられません。


子供たちや、海外の方たちに、胸を張って、
日本人であることを誇れる..そんな自分でありたいと思います。



にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2009/03/19 22:46】 | 日本の心
トラックバック(0) |
先日の茶手揉み講習会の続き。

新茶時期に摘んだ葉を蒸して、冷凍保存されていたものを
解凍し、そのお茶を揉んでいきます。

まずは、焙炉(ほいろ)に乗せた茶葉を葉ぶるい。
(水分を飛ばしていく工程)

葉ぶるい

この段階で充分に水分を飛ばさないと、出来上がりの
茶葉の色が黒ずんでしまうそうです。


その後の回転揉み。
へっぴり腰の私。。。(苦笑)
へっぴり腰。。。


やはり、名人(先生)の腰の入り方は違います。
茶揉み名人


一つの班で、何人かで分担して揉んでいくのですが、
熱い焙炉に向かって、本来は1?2人で行う作業。
熱さと体力勝負です。

(途中の工程をかなり省きますが...)
揉み終わりの茶葉は、焙炉の上で乾燥させます。
手揉み茶乾燥


最後に、全ての班のお茶を鑑定。
手揉み茶鑑定



美味しく出来たかな?^^






にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2009/03/19 00:30】 | 日本茶のこと
トラックバック(0) |
こんばんは^^お茶セラピスト精進中のひよこまめです。
今日は朝から夕方まで、日本茶インストラクター協会主催の
手揉み講習に参加してきました。



茶手揉み講習



7つの班に分かれて、手揉み保存会の先生達の指導を受けながら、
ひたすらひたすら、揉んでいきます。

事前に揉み方の流れ、やり方のDVDを見ましたが、
見るとやるとでは大違い!!!

幾つもある工程を覚えて、実際に行うのはかなり大変だと実感。
身体の動きがちぐはぐになってしまいます。




軽回転揉み

↑初期の工程。軽回転揉み
ほいろの上で、茶葉を回転させて水分を飛ばす工程ですが、
茶葉を回転させるのが難しく、苦戦しました。
(回転させようとしても、茶葉を引きずってしまうのです。)

熟練の先生たちが行うと、まるで茶葉と一体になっているかのよう...。

やはり、お茶と向き合う心構え、経験の成せる技なのでしょう。


帰ってから、背中が痛くなりました。
明日は筋肉痛に悩まされそうですが、全身を使って
頑張ったせいか、夕ご飯がとても美味しかったです。^^

続きはまた次回...








にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2009/03/15 00:04】 | 日本茶のこと
トラックバック(0) |
こんばんは^^
きものびと修行中ひよこまめです。


お着物を着ることは、特別、とされる現代。

着物を日常服にしようとするには、今の私にとって
実は、とても勇気のいることです。




紅梅色



着付けが出来るからって、完成形ではなく、
身のこなし、立ち居振る舞い、上品さ...
頭の知識だけでは超えられないことが、
たくさんたくさんあります。

私は、まだまだ着物の世界の入り口に
立っているに過ぎなくて...。

お着物を、自分の身体の一部のように着こなしている
方から見れば、拙いことだらけに違いありません。



着物姿というだけで、ハードルが上がってしまいます。

そのことが、私にとってのプレッシャーであり、
超えたいと自分に課していることでもあります。



きっと、お茶の世界と同じく、一生向き合い続ける
ことなんだと思います。













にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2009/03/13 00:08】 | 日本の心
トラックバック(0) |
こんばんは^^ひよこまめです。

今日は、『 おくりびと 』を観て来ました。



静かで、暖かな愛情、表面に囚われてしまう人の心の
浅はかさ、日本に根付く死生観、様々な想いが溢れて、
後半は涙でいっぱいでした。


自分自身の心を振り返り、反省しきりのここ最近。
心の痛みときちんと向き合うことは、自分を磨くために
避けて通ってはいけない道のり。


改めて、日本人であることを誇れる映画でした。
(音楽は、私の大好きな久石譲さん。
 チェロのゆったりした響きも、心にじんわりきました。)



さて、おくりびと、ならぬ、きものびと、に
少しずつ近づこうと頑張っていますが、
今日、新しいお着物が届きました。^^

春待ち着物


暖かな春が待ち遠しい日々です。







にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2009/03/12 01:01】 | 日本の心
トラックバック(0) |
こんばんは^^ひよこまめです。

猫舌って、どうやったら治るのでしょう。。。
お茶が大好きなのに、熱々のお茶がなかなか飲めなかったり、
お茶の拝見(鑑定)の時にやけどしてしまったりします。^^;

どなたか、猫舌克服法ご存知でしたら教えてください!(笑)



日本茶は、世界一繊細な淹れ方をするお茶、と言っても
過言ではないくらい、特に淹れる時のお湯の温度には気を配ります。

お茶の品種、産地、製法、仕上げの違いなど、お茶の形状を見て、
そのお茶に最適な淹れ方に照準を絞って淹れていきます。


日々、日本茶と向き合っているので、最近は中国茶から
少し距離を置いてしまっています。
(この間、華泰茶荘さんで、久し振りにきちんと
 中国茶をいただきました。)

次の目標は中級茶藝師!

でも、資格という肩書きを超えた精神性、人間性が、
結局のところはお茶に反映してしまうので、
初心忘れず、自分を戒めながら、精進..です。

中国、杭州の茶館にて..
お茶を淹れてくれたお姉さん。
茶藝師のお姉さん




にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2009/03/09 23:53】 | 中国茶
トラックバック(0) |
みなさん、今日も、もつカレさま?!(お疲れさま?)
ひよこまめです^^

今週末、食の県民大交流大会が青葉公園で行われ、
今日やっと、念願のもつカレーの初体験が叶いました!

お仕事前に寄り道♪

もつカレー


クールなおさん、waltさん、大忙し!
もつカレーTシャツのみなさんと、写真を撮りたかったけれど、
とてもそれどころではありませんでした^^;

もつたっぷり、クセになってしまう組み合わせですね。

美味しかったです♪ご馳走さまでした?^^

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2009/03/09 01:38】 | 徒然
トラックバック(0) |
夜になると冷えますね。

こんばんは、ひよこまめです^^




今日は、お茶の心を伝えるべく、
新たな挑戦をしてきました。


外見じゃなく、内面勝負!..といきたいところですが、
どうでしょう?


戦うべきは、常に自分、ですね。




さて、今日は浅間通りで、おもてなしイベントがありました。
お仕事前に、ちょっと寄り道♪


やっぱり気になるのは、お茶、お茶...

new style cafe


NECTさんと彩香茶園さんの、スタイリッシュなカフェ!
立ち寄らずにはいられません!

たくさんのメニューの中から、
“ ほうじ茶ミルク(ジンジャー入り) ”を選んでみました♪


慣れない味に、一口目は戸惑ってしまったけれど、
飲んでくうちに美味しく感じてきました^^

ホットで出てくると勝手に思い込んでいたら、
冷たいものだったので、寒い時に熱々を飲むと
もっと美味しく感じられそうな味でした♪

若い人たちの感覚で、提供方法に幅が出てくると、
もっともっと 日本茶を楽しんでみよう! という意識が、
広がっていくんじゃないかなぁ..と思います。

うん、頑張ろう!

ご馳走さまでした^^




にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2009/03/02 00:00】 | 日本茶のこと
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。