日本人に生まれたからこそ..大切にしたい想い、文化を 共有したい..          素敵なご縁にありがとう^^ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


こんばんは、ひよこまめです。

今日はお茶の問屋さん、望月さんの奥様と、お茶談話をしてきました。

お茶に向き合い、お客様を想って作られるお茶と、その隅々まで行き
渡った心遣いに、心が温かくなりました。

お客様からのご注文が入ってから作られるブレンド。
お客様のお好みを、病院のカルテのように細かく記録していること。
お客様がご来店された時には、お話しながら、その場でブレンドをして
みることもあるそう。

利益を考えたら、至極効率の悪いこれらの作業。
『 心を尽くす 』
そんな言葉が、思い浮かびました。

冷抹茶


奥様の天真爛漫な明るい笑顔と心に、どれほど励まされ、助けていた
だいたことか...。

お茶のその裏側に込められた想いをお伝えしたい...。

おこがましいこと、生意気なことは承知で、それでも私はこれからも
それを伝え続けていきたいと、切に思う。

一生かかってもお礼きれないけれど、たくさんの方へ、お返しできる
ように..。

雨の日も、晴れの日も、日々精進。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサーサイト

スポンサードリンク


【2010/08/28 00:01】 | 日本茶のこと
トラックバック(0) |

No title
静岡大好き
お客さんの好みをこと細かく記録しているなんてなかなかできませんよね。お客さんは大事ですがここまでしているお店はどれくらいあるでしょうか?きっとお客さんからも愛されているのでしょうね。

No title
茶茶豆
「心を尽くす」素敵な言葉ですね。
この言葉の前では、損得とか結果とか消えてしまっているんでしょうね。今できる事を、精一杯やらせて頂くだけ・・・

繋げていきたい言葉です。



No title
ひよこまめ
静岡大好きさん
いつもコメントありがとうございます。
私も、見習わなければと思いました。
数字(利益)ばかりに目を向けられがちな世の中で、
このようなお店があること、本当に嬉しく思います。

自分自身も、お客様に対してそうありたいと思います。


茶茶豆さん
コメントありがとうございます。

お金の損得ではなく、お客様の笑顔で、
嬉しくなってしまう、と、奥様おっしゃっていました。

そんな素敵な先輩方がたくさんいること、
幸せに感じます。

コメントを閉じる▲
こんばんは、ひよこまめです。
ふってわいた夏休み、充実させています。^^

さて、先日、20、21日の2日間、かなざわゆうさんの
山小屋の改装(壁紙張り)をお手伝いしてきました。

山小屋改装?(ゆうさんのブログ)

山の中とはいえ、今年の酷暑は容赦なく...。
最初はジーンズとシャツ姿ですが、途中から断念して、
水遊びのような格好になってしまいました。(苦笑)

1日目にご一緒した紀文さんの紅茶。
(ゆうさんのブログ内で紹介されています。)
今日も飲んでみましたが、やはり和紅茶のやさしさは良いですね?。
これからもっともっと素敵に輝いていくんだろうなぁ..と、勝手に期待
しています。(笑)
素敵な紅茶と、数々の職人技、ありがとうございました。

2日目は、東京からもお手伝いの方が!!
年齢も職種も違う中、ほとんどが初対面の方なのに、文化祭のような
雰囲気で壁紙張りを楽しみました。
お茶の手揉みをするホイロ専用の和紙を、こんにゃく糊を使って張って
いきます。

年月が経つごとに味わいが増すのかな..と、楽しみです。

写真は、休憩時間にいただいた甘?いスイカと、貴重な白茶龍井!

白茶龍井

アフリカや中国にも度々渡航する寺田さんからいただきました。
中国式に、グラスに直接注いで..ゆらゆらとたゆたう茶葉が綺麗。

お茶で繋がる、素敵なご縁に感謝です。^^

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2010/08/24 23:50】 | 日本茶のこと
トラックバック(0) |

No title
静岡大好き
登山している人同士で山小屋で仲良くなるなんていうこともあるのでしょうね。そんなときに和紅茶を飲んだらほっとするひとときになるでしょうね。

先日は・・・
keemon (紀文)
先日は&ブログにコメントを、ありがとうございました!
ゆっくり輝いていきたいですね。
職人技なんて・・・いえたものではないですが(汗)
ひよこまめさんは、淹れるお茶を輝かせる人なんだろうなあと思いました!
湯冷ましを両手で包んだりと、ゆっくりと僕もお茶をいれようとおもいます。
また機会があれば、よろしくお願いしますね!

No title
ひよこまめ
コメントありがとうです。^^

静岡大好きさん
書き方が悪くてすみません。(汗)
山小屋と書いてはありますが、山の中の小屋、
登山道はなく、お茶好きな人が集まれる小屋となる
予定だそうです。(交通手段は車。)

お茶のご縁で、いろんな方と交流できます。^^

紀文さん
お互い、発展途上ですね。(笑)
素敵なお世辞!?ありがとうございます。
素敵な方々とお逢いすると、自分はまだまだ
だなぁ..と思いますが、きっと、私の中にも
のびしろがあると思って、頑張っています。

せわしない時代だからこそ、心を込めてお茶を
淹れる。

それは、淹れる相手の方だけでなく、作ってくださった
方への感謝に通ずると思っています。

機会があれば、紀文さんの茶園に遊びに行きたいです。^^

コメントを閉じる▲
こんばんは、ひよこまめです。

残暑厳しいですね。
それでも、自宅ではまだエアコンを使っていません!
貧乏性?エコ家族?
意外と、人間の耐性って鍛えられるんだなぁ..と実感。

先日のブログにも書きましたが、私は以前オーストラリアの
ケアンズに滞在していたことがあります。
夏の気温は日本と同じくらいですが、湿度が高い!
ケアンズの夏季は雨季に当たるため、湿度が連日90?100%!
そんな中で鍛えられた身体は、なかなか頑張ってくれています。

お正月休みを利用してケアンズを訪れる観光客も多いのですが
その時期は雨が多い為、あまりお勧めできません。
ご注意を...。

さて、ずっとお伺いしたかったチャ茶へ、先日ようやくお邪魔
することができました。
小泊先生が掛川で開いていた情報発信のお茶処。
今年の6月より、袋井で再スタートです。
O-CHA処 チャ茶 応援ブログ

チャ茶外観


店内にずらっと並ぶ、お茶、お茶、お茶!!

チャ茶内観


会話をしながら、小泊先生が中国茶と日本茶でおもてなし
してくださいました。
会話と人の心を繋いでくれるお茶。
国境や品種は関係なくて、自然の恵みと、作る人、もてなして
くれる人に、ただただ感謝。

地位や名声、お金ばかりが重要視されがちな現代で、本当に
大切なものは何か、自分はどうあるべきかを今一度、振り返り
見直すことができたような気がします。

傷ついても誤解されても、苦しくても、それでも私は、器用に
世渡り出来るようにはなれそうにありませんが、真っ直ぐお茶に
向きあっている方にお会いできると、それでいいんだ!って、
勇気をもらうことができます。

明日から、川根方面へ出かけてきます。^^
↓大人の遊び♪してきます。
大人の本物遊び

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2010/08/20 00:11】 | 日本茶のこと
トラックバック(0) |

No title
茶茶豆
意地でクーラーを使わないじゃなくて、感謝の気持ちがあるから
使わなくて済んでいるんですね。

本当に大事なものは、いつの時代も一緒だと思います。
人間の価値観が変わるんでしょうね。
その結果が現代でしょう。
分からない方に傷つけられても、こんなに頑張ったと言う
勲章ですね。


ありがとう
ゆう
今日は暑い中、本当にありがとう!
ずっと作業になっちゃって、ごめんなさい。><
でも、懲りずにまた遊んでやってください。
疲れちゃったかな?と少し心配しています。
でも、色々とお話伺えて、よかったです。
お互いに迷いながらも、ケセラセラ半分で自分の道を進みましょう♪女は強いぞ~!笑

No title
静岡大好き
私もクーラーそれほど好きでないのでそれほど使ってないですがこう毎日暑いと体が慣れてきますよね。人間の体ってすごいですね。
親しい人ともそうですがあまり知らない人でもお茶を飲みながら会話すると和やかな雰囲気になりますよね。確かにお茶は人の心をつないでくれる素晴らしい飲み物ですね。

みなさんありがとう!
ひよこまめ
コメントたくさん、ありがとうございます。

茶茶豆さん
人間の価値観...
文明が発達し、便利になるほど、大切なものを
見失いがちになる気がします。
気をつけようと思っていても自分自身もきっと..。
それでも、お天道さまに感謝して、大事な根本は
見失わず、頑張りたいです。

ゆうさん
楽しい2日間、ありがとうございました!
自然の中での大人遊び、こういう疲れは、なんのその、
です。^^

これからどういう方向でお茶と関わっていくかはまだ
わかりませんが、自分を持って、お茶に向き合い進んで
いきます。
またたくさんお話させてくださいね。^^

静岡大好きさん
人の身体、生きていることって、本当にすごいです。
よっぽどの過酷な状況でない限り、身体は順応するんですね。

お茶は、主役にも脇役にもなり、年齢、性別を問わず楽しめる
飲み物だと感じています。
生活スタイルが変わっても、心の繋がりを持てる『お茶の時間』
大切にしたいです。

コメントを閉じる▲
こんばんは、ひよこまめです。
久しぶりに、オージーライフの記事を...。

20?21歳までオーストラリアにワーキングホリデーで
滞在していました。

いろいろな場所を旅しましたが、海が好きなこともあり、
ケアンズには半年滞在していました。

ケアンズから車で約1時間半の場所に、パロネラパーク
という古城跡があります。
スペイン人のホゼ・パロネラという人が、お城を持ちたいと
いう夢を叶えるために作ったと言われています。
(1935年に完成)

パロネラパーク



現在では既に朽ちた状態でコケが生えていますが、
今でも噴水があり、不思議な雰囲気の漂う庭園は、
ラピュタを彷彿とさせる感じです。

パロネラパーク2


ラピュタのモデルのひとつと言われていることに関しては、
賛否両論あるようですが、確かにこじんまりとはしていた
けれど、人の生み出した栄華と夢、そして朽ちてなお、
草木に覆われ、その姿を静かに保つ様は、自然の中で
生かされている人間の光と影を思わずにはいられません。

個人的にはとても好きな場所です。

↓こちらのページでは夜のパロネラパークも見られます。
http://www.paronellapark.com.au/japan/

夏は蚊が多いので、おでかけの際はお気をつけくださいね。^^

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2010/08/18 00:51】 | 海外徒然
トラックバック(0) |

No title
静岡大好き
すごく良い雰囲気の場所ですね。不思議といえば不思議な空間のような気もしますね。自然って偉大ですよね。一見すると同じように見えても別の角度から見ると全く別のものに見えることありますからね。

No title
ひよこまめ
静岡大好きさん

コメントありがとうございます。
昔は豪華だっただろう建物が、このような形で
今でも残っていること、いろいろ感じるものが
ありました。

また機会があれば行ってみたい場所のひとつです。

コメントを閉じる▲
昨日、思い立って川根まで出掛けて(正確には連れて行って)
もらいました。
 
今回ふらりとお邪魔したのは・・・
 
茶房 『遊』さん

やませき園さん
 
川根温泉 『ふれあいの泉』
 
フォーレなかかわね 茶茗館
 
 
考えてみたら、お盆休みの真っ最中。^^;
温泉は子供たちで賑やか!!
日よけ?用の寒冷紗に、茶処だなぁ...と笑みがこぼれ、
SLの音と子供たちの歓声を聴きながら、のんびりと温泉に
浸かってきました。

煎茶ロールケーキセット

鴨おろし

 
 
写真は、煎茶ロールケーキセットと鴨おろし。
(by  茶房 遊 さん)

こちらでは、中国茶もたくさん揃えているためか、お煎茶は
お急須ではなく、中国茶用のティーポットで登場しました。

噂には聞いていましたが、このティーポットを使用するのは
初めて。
 
入れ物が大小2重構造になっていて、内側に茶葉が入って
います。(写真わかりづらくてごめんなさい。)

お湯を注ぎ、頃合をみてボタンを押すと、下の部分にお茶が
抽出され、お茶の葉が上側の容器に留まる仕組み。

ボタンを押して、鮮やかな緑色の川根茶が抽出されるのが
面白くて、4?5煎いただきました。^^^^

手打ちそばの鴨おろし(冷)も、美味しかったですよ。
(セットでサラダとぜんざいが付くのも嬉しい♪)
 
行きと帰りの自然の風景にも癒された1日でした。
 
 
 

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2010/08/15 00:14】 | 日本茶のこと
トラックバック(0) |

No title
静岡大好き
SLの音聞きながら温泉なんていいですね。大井川鉄道乗ってみたいです。のどかな風景でしょうね。日本茶で使う急須と中国茶ようのティーポットって何が違うのでしょうね?

No title
ひよこまめ
静岡大好きさん、コメントありがとうございます。
SL は、小学生の頃乗ったことがありますが、
はしゃいで窓から顔や手を出していたら、SLの
出す煙で頭が灰だらけになった記憶があります。

写真のティーポットは、簡易急須?のようなもの
です。↓参照
http://www.tea-jp.com/tea/chaki/paopao/index.html

中国でも、通常は茶壷(チャフー)と呼ばれる
お急須を使って中国茶を淹れます。
↓参照
http://www.tea-jp.com/tea/chaki/cha-hu/index.html

日本のお急須と違う点は、日本のお急須は
取っ手が突き出ているのに対して、中国の
場合は、取っ手がリング状になっている物が
主流です。(大きさは、日本に比べて小さいです。)



コメントを閉じる▲
寺かふぇさん


こんばんは。^^
立秋を過ぎたとはいえ、まだ残暑は続きそうですね。


今日は、今年初の浴衣を着物風に着て、寺かふぇさんに
お邪魔してきました。
(写真の土瓶は、きものカフェちどりさんで購入した帯飾りです。)

お寺・・・
なぜか私は、小学生の頃から神社・仏閣が大好きでした。
小学校6年の時の修学旅行では、同じ班の友達に待って
いてもらい、浅草の浅草寺で初めて御朱印をいただいたのを
覚えています。(笑)

私の大好きなお茶とお寺!
そして今回は、お琴と二胡の演奏もありました。
お着物を着て、美味しいお茶(まちこの冷茶)をいただき、
演奏を聴きながら夏の夜を過ごす...。
贅沢な時間でした。

最近だいぶ有名になってきた『まちこ
とても素直に、優しく淹れてくださっていました。
心が優しくなれるお茶、場所...

素敵な出逢いと、そして日本をこんなにも愛している
人たちがこんなに身近にいらっしゃったこと、とても
とても嬉しく思います。感謝です。^^

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2010/08/09 00:08】 | 日本の心
トラックバック(0) |

No title
静岡大好き
寺かふぇ聴いたことないですね。でも考えてみればお寺で日本茶出しても違和感ないですよね。今までなかったのが不思議なくらいですね。まちこですから清水のお寺なんでしょうね。私も神社の近く通ったら必ずお参りするようにしています。

No title
ひよこまめ
静岡大好きさん、コメントありがとうございます。^^

寺かふぇさん、場所は特定ではないのです。
今回は、丸子のお寺でした。(次回は由比)

京都などでは、お寺が日常に近いのでしょうが、
私たちには、どちらかというと非日常的に感じますね。

でも、お寺、着物、お茶って、なんて素敵な日本文化!
こういう時代だからこそ、大切に繋いでいきたいですね。


コメントを閉じる▲
花火
※花火の写真はイメージです。

橋の隅っこから、花火を見上げる。
心にまで響いてくる振動と光の雨。


沸き上がる笑顔の歓声を背中に感じながら、胸が痛くて痛くて、
自分の頬を流れる涙に、静かに驚く自分...。

読み上げられるのは協賛者の方の名前。
でもその奥には、読み上げられることのない、花火師さんたちの
途方もない努力と時間と歴史の重み。



“ 伝える ” ということ

“ 繋げていく ” ということ



不況のあおりの中、減っていく職人さんたち。
それでも、今年もあげることのできた花火師さんたちは
自分たちの花火を、どんな想いで眺めていたんだろう...。
仲間の花火を眺めていた人は、どんな心境だったかな...。


少し、勝手に自分と重ねて、胸が痛くてどうしようもなかった。


時代の流れ

利便性、合理性の追求

精神性よりも物欲主義


自分の中にもあるのだけれど、きっとこんな風に、日常の中で
大切なことを、たくさんたくさん見逃しているような気がする。


もちろん、純粋に花火を楽しむことが悪いことではなくて、
(作り手はそれを望んでいるのだから)
でも、違う角度から見ることができたのは、きっと今のお仕事に
何か通じるものを感じているから...。


綺麗ごとだけで生きていける世の中ではないけれど、出来ることなら
まだ少し、もう少し、繋げていきたい..絶やすわけにはいかない。


微力なことは承知の上で、精一杯の悪あがきでも。
どうか、伝わりますように...。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2010/08/02 00:31】 | 日本の心
トラックバック(0) |

No title
静岡大好き
少しずつ少しずつ努力していけば大きな力になるのではないでしょうか。ひよこまめさんの気持ちきっと伝わると思いますよ。

No title
茶茶豆
こんな素敵な想いが持てた自分に感謝し、想い続ける事が
大事なんでしょうね。
一人でも多くの方に・・・

きっと、伝わって行きますよ。

ありがとうございます
ひよこまめ
コメントありがとうございます。

静岡大好きさん
ありがとうございます。^^
地道に、地道に頑張ります。

『良いことも、悪いことも、お天道さまは見ているよ』
この言葉が、心の支えです。

謙虚に、感謝を忘れず、日々精進ですね。


茶茶豆さん
ありがとうございます。
大人になっても涙もろい自分に、ちょっと苦笑いですが、
物事に込められている想いに気がつける心を持っていたいです。

そして、そういう想いを共有できる人の輪が広がっていったら、
とても素敵ですね。

丁寧に丁寧に、私は日々お茶に向き合いながら、頑張ります。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。