日本人に生まれたからこそ..大切にしたい想い、文化を 共有したい..          素敵なご縁にありがとう^^ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


こんばんは、ひよこまめです。

秋雨前線の影響か、今夜はしっとり雨模様。
秋の長雨を、秋梅雨入り、秋湿(あきじめり)
とも呼ぶそうです。
熱々のお茶が美味しく感じられる季節が、
近づいてきましたね。

最近では、国内でも、特に二番茶から紅茶を
作る方が増えてきました。
(先日、鉄腕ダッシュでも、TOKIOのメンバーが
手揉み茶、烏龍茶、紅茶作りに挑戦していまし
た。)

緑茶も紅茶も烏龍茶も、お茶の葉の元は一緒
なのですが、インドなどで栽培され、作られる
紅茶と違い、日本のお茶の品種で作る紅茶は、
渋みが少なく、とても飲みやすいのです。

先日、牧之原の柴本製茶さんの紅茶作りに
お邪魔しました。

柴本製茶さん


広い!!大きい!!
探検ごっこやかくれんぼができそうなほど、大きな
工場です。

今回作る紅茶用のお茶は、日本の緑茶の中でも
生産量が最も多い、『やぶきた』という品種です。
収量、耐病性、味、香りなど、様々な面で優良品種
なのです。

しかし最近では、個性重視の傾向もあり、各地で
色々な品種のお茶が作られています。
今回びっくりしたのが...

『くらさわ』の紅茶!

くらさわ紅茶

写真では見づらくてごめんなさい...。

(2009年の記事 『幻のクラサワ』 カテキン含有量が多い
品種です。)

緑茶で頂いたときは、ぐぐっと底力のある、男性的な
味わいでしたが、紅茶のくらさわは、とても女性的!
洗練された紅茶としての貫禄は、もちろん作り手の
技でもありますが、こんなに表情を変えてしまうとは。

お茶の葉の香りを聴いただけで、作った方の想い、
情熱まで伝わってくるほど...。
品種ごとの個性を大事にしつつ、香りの具合、渋みの
バランスなど、慎重に、大事に作られたお茶です。

お茶の魅力に、まだまだ引き込まれっぱなしです。^^


...つづく



にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサーサイト

スポンサードリンク


【2010/09/27 22:10】 | 紅茶のこと
トラックバック(0) |


静岡大好き
確かお茶の葉を発酵させたものが紅茶なんですよね。だから緑茶の生産地は紅茶の生産地にもなるわけなんですね。静岡は国産紅茶の発祥地である丸子が有名ですよね。くらさわの紅茶どんな味なのか飲んでみたいですね。きっと深い味なのでしょうね。


ひよこまめ
静岡大好きさん

コメントありがとうございます。

そうです。緑茶は発酵させず、そのためにみどりの色が
保たれるのですが、紅茶はしっかり発酵させるため、
綺麗な赤色になるのです。
(香りの成分や味も変わってきますね。)

くらさわの紅茶はかなり珍しいですが、最近は日本産の
紅茶が増えてきたので、その中で飲み比べをするのも
楽しいですね。
そんなセット、あるといいな。


はらまめさん、どうですか?^^



はらまめ
飲み比べ、確かにお酒でもワインでもビールでも
アッ、アルコールばかりですね。^^
楽しいですよね。それに知識・背景がわかれば言う事なしです。
茶空間というお店に最近、茶葉手箱と言う飲み比べセットがシリーズ化されています。
今の所「静岡やぶきた編」と「薫る釜炒り茶編」の2種類です。
スタッフのお話の様子ですと、「和紅茶編」あり得るのでは?
もしそんなセット出来たら楽しいですね。
期待したいところです。(^^ゞ


ひよこまめ
はらまめさん

コメントありがとうございます。
和紅茶は、品種別、または産地別も
面白いかもしれないですね。

商品化、となると両方は難しいのでしょうが、
お煎茶のように、牧之原のような大地のものと
春野町のような山間地のものでは、やはり
味わいが違うように感じます。

お煎茶の魅力も伝えつつ、新しい取り組みとして、
これからも和紅茶から目が離せませんね!

コメントを閉じる▲
こんばんは、ひよこまめです。

虫の音に包まれながら、ブログを書いています。
夜はずいぶんと過ごしやすくなりましたね。
そろそろ冷たいものばかり摂り過ぎていた生活を
見直していかねばと思います。^^;

昨日、大間の縁側カフェに行ってきました。

ツリーハウスより


↑小櫻教授のツリーハウスからの景色です。
晴れている日は、山の向こうに駿河湾が見えるそうです!
びっくり!!!

木のカップ


ツリーハウスでは、こだわりのコーヒーとマドレーヌでおもてなしを
してくださいました。
こんな素敵なコーヒーカップに、またびっくり!
木の模様がそのまま活かされていて、暖かみがあります。

初秋の風を感じながら、静かに目の前に広がる景色を眺めて..。
想いを馳せる...いろいろなこと。

癒しの場所として、テレビや雑誌で取り上げられている縁側カフェ。
その裏側には、限界集落としての現実。
5年もすれば、ここでお茶を作る人はいなくなってしまうとのこと。
小櫻教授がここまで創り上げてきた背景。
私が日本茶と関わるようになってから今までのこと。

お茶は当たり前のように日常にあって、私自身も、こうしてお茶に
関わるようになる前は、お茶の背景を考えたこともなかった。

縁側カフェが、有名になって、他県からたくさんのお客様が来て..。
それで、『良かったね。』で終わらせてしまってはいけない。
『可能性』の原石が、ここにも、ここじゃない場所にもまだ眠っていて、
だけど、それを現実のものとするのは、並大抵の努力では叶わない。



『時代の流れだから仕方ないよ』


そう言われてしまえばそれまでで、でもその中で、必死にもがいている
自分が居る。
私の役割って、なんだろう...。



小櫻教授のツリーハウスの後、砂(いさご)さんの縁側でお茶をいただ
きました。


お茶をひとくち飲んだ瞬間、心に広がる懐かしさ。

自然の中で、生かされていることに感謝をし、与えられたものの中で
素朴に生きる日本人の本来の姿を、その1杯に思い出させてもらった
ような気がします。


理屈とか、損得とか..あぁ、そんなんじゃないんだ。
結局、お茶が大好きで、日本の精神性や文化が大好きなんだ、私。^^


遠回りしても、後ろ指さされても、私は私。
感謝と、日々のことを心に刻んで、只々精進..。





にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2010/09/20 23:52】 | 日本の心
トラックバック(0) |

No title
はらまめ
たとえ何も出来なくても、こんな感じ方をしてしまう人の
気持ちはキット届きます。
発信続ければ、いつか1本が2本になり、太い束に・・・
今回間に合わなくても、次回にはきっと・・・

あきらめないで、気持ちを持ち続ける。
一人ひとりが感じちゃう事が、大切なんでしょうね。

自分も意識を持ち続ける工夫をします。(^^ゞ

No title
ひよこまめ
はらまめさん♪

コメントありがとうございます。
一人でも多く、共感してくださる方がいたら、
とてもとても嬉しく思います。

大切なことって、本当に忘れやすくて流され
やすくて...。
日々の暮らしの中でも、はっ..っとさせられます。

現状を受け入れたその上で、諦めないで、頑張ります。
いつもありがとうございます。^^


No title
静岡大好き
自然って癒されるだけでなく本来の自分を取り戻させてくれる、そんな気がします。自然の中にいると自分は自分でいいやって良い意味で開き直らせてくれます。自然の大切さ、日本文化の大切さを多くの人に知ってもらえたらいいですね。

No title
茶茶豆
自分を見つめる。
普段は自分よりに見てしまいますが、こんな環境に助けられ
素直な、無防備な自分で見れたら、やさしさや感謝が広がり
涙が零れ、気持ちいい風が吹くのでしょうね。

いつも素敵なブログ、有り難うございます。

No title
ひよこまめ
静岡大好きさん

コメントありがとうございます。
そうですね。自然の偉大さに包まれると、日々の生活で
忘れてしまいがちな、謙虚さ、良い意味での、自分の小ささを
思い出させてもらえます。
日常の小さなことにばかりやきもきせず、心の器を、磨いで
いきたいです。^^

茶茶豆さん

心に響くコメント、いつもありがとうございます。
茶茶豆さんはお坊さんですか?
違っていたらごめんなさい。
茶茶豆さんのコメントは、心の眼で感じている景色が
伝わってくるので、とても嬉しいです。

こちらこそ、私の拙い文章を読んで頂いてありがとう
ございます。

コメントを閉じる▲
以前、ゆうさんの山小屋のお手伝いに行った時、とても素敵な
お茶をいただきました!

ミントティー


お茶うけ屋さんの、日本茶とミントのハーモニー♪

パッケージが文庫本のデザインで、とても可愛い^^

裏面 ↓
ミントティー裏面


実は私、ミントがあまり得意ではないので、一瞬躊躇してしまった
のですが...

すごいんです、このお茶!!
みごとに日本茶とミントがなじんでいる!!

特殊な方法で乾燥させたミントが入っていて、香りも味も、生の
ミントと変わらない風味なのです!
限りなくフレッシュに近い状態だと、こんなにも美味しいんだ..
って、感動してしまいました。
(シロップを入れても美味しそう。^^)

ゆうさん、ありがとう!


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2010/09/12 20:57】 | 日本茶のこと
トラックバック(0) |

No title
静岡大好き
確かにお茶とミントが合わさった味って想像できないですね。でも飲んだらリラックスできそうですね。

よかった~!
ゆう
わ~!紹介してくれて、ありがとうです。^^
美味しかったですか?それはよかった。
今まで、世の中にない鮮度感ですよね。
確かに、シロップ入りも美味しそうです。^v^
またね♪


No title
ひよこまめ
静岡大好きさん

コメントありがとうございます。
ミント + 緑茶 は、実はいくつかの会社で販売して
いるのですが、ゆうさんのこのお茶には、ものすごい
衝撃を受けました!
ミントが限りなく生!フレッシュなんです!
乾燥したものとは全然違います。
とてもとても癒されますよ~~~。


ゆうさん

ブログにアップするのが遅れてごめんなさい!
先日、茶空間にて冷茶で試したら、これまた美味しい!
みんながハッピーになれるお茶♪
ゆうさんスマイルが注入されているようで、わくわくしちゃう
お茶ですね☆

また、川根にお邪魔しますね~!

コメントを閉じる▲
こんばんは、ひよこまめです。^^

昨日に引き続き、ひよこ繋がり♪
不思議なもの(?)を見つけました。

ひよこぐも♪


ひよこぐも♪

みんなのうたで流れてたんだ?!?

ふわふわ♪ひよひよ♪気持ちよさそう?。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2010/09/01 21:49】 | 徒然
トラックバック(0) |

No title
静岡大好き
ひよこまめさんのようにかわいいですね。このキャラクター人気出そうですね。

No title
ひよこまめ
癒しキャラ、ゆるキャラですね。

案外まだ知れ渡っていないようです。
ひよこ + 雲 っていう発想が面白いですね。

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
先日、またまた望月さんのお店にお伺いしたら、
私のHNがひよこまめということで...

ひよこまめつかみ

こんなかわいらしいおもちゃを見せてくださいました!


あぁ...か、かわいい。><
豆つかみの練習をしつつ、お箸のマナーも覚えることが
できます。

お豆の形が、微妙に違うのも可愛い!!

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2010/09/01 00:08】 | 徒然
トラックバック(0) |

No title
静岡大好き
日本人でありながらなかなかお箸うまく使えないんですよね。スプーンやフォークばかり使っているからでしょうか。練習してうまくつかめるようになりたいですねぇ。

No title
ひよこまめ
静岡大好きさん

コメントありがとうございます。
お箸をスマートに使えること...
意識していない分、案外マナー違反していることも
あったりするのかも。

これなら、子供も楽しんで身につけられそうですね。

No title
御坊哲
外国の小説を読むと、ときどき「ひよこ豆」という言葉が出てきます。
まさかこれではないですよね。
でも、かわいいですね。

No title
ひよこまめ
御坊哲さん、コメントありがとうございます。

ひよこ豆は、食用の豆の一種でもあります。
エジプト原産らしく、別名『ガルバンソ』とも言います。

スープの具やサラダにも用いられますよ。
日本でも、大きなスーパーなどで購入できます。^^

小さなくちばしの様なとがった部分があるため、
ひよこ豆と名付けられたようです。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。