日本人に生まれたからこそ..大切にしたい想い、文化を 共有したい..          素敵なご縁にありがとう^^ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


こんばんは。

今日は、清水の茂畑にあるしばきり園さんの秋のお茶会に
参加させていただきました。

お天気が心配だったのですが、ぽかぽか日差しと、風も
そんなに強くなく、とても恵まれたお茶会日和でした。

お茶セット


しばきり園さんは、毎年、春と秋にお茶会を開いています。
とても暖かな気持ちが伝わってくる、昔からのおもてなし。
皆様への感謝の想いが、このお茶会にも凝縮しています。


しばきり園さん2

樹齢350年以上のお茶の木に見守られながら、感謝の想いで
お茶を淹れさせていただきました。(写真左がお茶の木です。)

しばきり園さん1


今年初めて来てくださった方、毎年足を運んでくださる方、
お煎茶の先生、お抹茶の先生、インストラクター等、全ての
方と、暖かな気持ちでお茶を、感謝を共有できたような空間
でした。

まるで、私の方がたくさんたくさんおもてなしさせてもらえた、
そんな特別な雰囲気の、あったかいお茶会でした。


しばきり園さん3

かなざわゆうさんは、オリジナルのほうろくを使い、まるで
理科の実験?のように、ほうじ茶を作っていました。
(楽しそう!子供にも大人気でしたよ!!)

しばきり園さんが、謙虚に自然に寄り添う心で作った
お茶は、ほうじ茶にしても、透明感は変わりません。
あまりにもクリアーな飲み口に、驚いてしまいました。


私にとってのしばきり園さんは、日本人の原点に戻れる
場所のような気がします。
自然に生かされていることを感じながら、次の世代に
大切なものを繋ぎながら、感謝の想いで生きていく。

あたたかな、“ふるさと”そのものです。

偶然とはとても言い難いご縁、流れに感謝です。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサーサイト

スポンサードリンク


【2010/11/29 00:58】 | 日本茶のこと
トラックバック(0) |


静岡大好き
樹齢350年以上のお茶の木ってすごいですね。きっとおいしいお茶ができるように見守ってくれているのですね。お茶の味は作った人の心が現れるのでしょうね。しばきり園さんのお茶是非飲んでみたいですね。


ひよこまめ
静岡大好きさん、コメントありがとうございます。

樹齢350年の茶樹...
茂畑の地に生まれ、その地に生涯を捧げた
ご先祖様たちの優しく、力強い想いが宿って
いるようでした。

このような素敵なご縁に恵まれたこと、感謝の
想いでいっぱいです。

コメントを閉じる▲
こんばんは。
今日も朝から気温が低く、冬の訪れを感じるように
なりました。


先日、静岡で手揉み茶の全国大会が開かれ、その関係で
いらっしゃった、宮崎、新潟の方とお話させていただく
機会がありました。

しかも!お茶淹れ教室という形で!

生産、小売などをやっていらっしゃる、プロの方々。
色々教えていただきたいのは、私もです。


一般の方にお伝えするのと、その業界の方にお伝えする
ことの違い、難しさを、改めて実感しました。


お茶淹れ




目に見えることをお伝えすることも、仕事上大切なこと
ではありますが、やはりその奥のこと、お茶の背景、
お茶に込められた想い、繋げていく手掛かり、笑顔の
架け橋...


想いをお伝えし、受け取り、たくさんたくさん学ばせて
いただきました。同じ業界にいても、お茶との関わり方は
それぞれですが、その中で少しでも、お茶に対する想いを
共有できることは、とても幸せです。


参考になるお茶のいろいろをお伝えしても、お茶の淹れ方、
楽しみ方に、決まった答えもルールもありません。

人、場所、空気、気分、さまざまな場面で、無限の可能性が
あります。
(その可能性の一つをご紹介いただき、ありがとうございました)


いろんな角度から、皆さまそれぞれの想いでお茶に向き合って
いる...しっかり精進せねば、と思わずにはいられません。
そう思える、素敵な方々と繋がりを持てたことも、感謝の想いで
いっぱいです。


いつか必ず、全国のお茶巡りに出掛けます。^^


この場でひとりひとりお名前を挙げることはできませんが、
お茶でご縁をいただけたこと、皆様に感謝いたします。

ここ1ヶ月、特に九州の方とお会いすることが多かったです。
北海道の方も、相変わらず頑張っていますね。
皆様から教わったことを、違う形で恩返しできるよう頑張ります。


これからも、お茶に向き合い、日々精進...



にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2010/11/18 00:27】 | 日本茶のこと
トラックバック(0) |


静岡大好き
日本茶カフェに初めて行ってお茶の淹れ方を教えてもらったときは新鮮でしたね。なかなか教わる機会もないですしね。でも人それぞれ自分流の淹れ方で楽しめるのがお茶の魅力なんでしょうね。


ひよこまめ
静岡大好きさん、コメントありがとうございます。

私も違うお店の淹れ方や講座に触れる度に、
いろいろな発見があります。

人の数だけ、お茶も楽しみ方もありますね。^^


コメントを閉じる▲
こんばんは。夜はだいぶ冷え込みますね。

先月から今月にかけて、お茶の繋がりがどんどん広がり、
嬉しい限りです。

書きたいことは山ほどあるのですが、明日も朝からお茶の
仕上げの見学の為、ひとつだけ...。

文山紅富貴?!


今朝出来たて!

紅富貴(べにふうき)という、本来は紅茶用の品種のお茶の、
文山包種仕上げ。

※ 文山包種(ぶんさんほうしゅ)
  台湾のお茶の一種。摘み取った茶葉を少ししおらせる
  ことで香る清清しい香りが特徴の、緑茶に近い青茶の
  ひとつです。


紅富貴は、緑茶仕上げ、青茶仕上げにすると、含まれている
メチル化カテキンの効果で、花粉症などのアレルギー症状が
緩和されると言われています。(私もお世話になっています。)

工場内に広がる、甘い香り。
一葉つまんで、口に含むと、パリパリっと軽やかに砕け、甘さと
旨味が広がります。
お茶の葉そのものをパリパリ食べるのも、新しい発見があります。
^^
(ふっくらとした、加賀棒茶などのほうじ茶の茎も、ポリポリ
 食べると美味しいのです。)

初めて出会う、文山包種仕上げの紅富貴。
珍しさだけでなく、伝わってくる、作り手の方の暖かさにも、
心がじんわり、あったかくなりました。感謝。

お湯を注いで飲むのが楽しみです。^^


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2010/11/17 00:32】 | 日本茶のこと
トラックバック(0) |


静岡大好き
お茶の葉をてんぷらにして食べるのはよく聞きますがそのまま食べることもできるのですね。レタスのような野菜を食べる感覚でしょうか?パリパリ食べられるので苦味もあまりないのですね。葉そのものを食べたら花粉症により効きそうですね。


ひよこまめ
静岡大好きさん、コメントありがとうございます。^^

どんなお茶の葉を食べられるの?と聞かれることが
たまにありますが、どんなお茶の葉でも、食べることは
できます。

問題は、“美味しく食べられるかどうか”

苦味、渋みの強い品種、葉の硬いもの、などは
食べづらいと思いますが、私は感覚で、
『美味しそう!!』と思ったら、淹れる前のお茶
でもお茶がらでも、ぱくりと食べてしまいます。^^

柔らかなお茶がらは、おひたしなどにすると、野菜
そのものですよ。

静岡大好きさんのおっしゃる通り、緑茶、又は青茶
仕上げの紅富貴は、お茶の葉をそのまま食べると、
即効性があるのです。
(もちろん、個人差はありますが...^^;)


コメントを閉じる▲
今日もとても良いお天気でした♪
日差しぽかぽか。

本日は、春野のお茶農家さん『八蔵園』さんに行ってきました。

八蔵園さん


以前、何ヶ所かの国産紅茶を購入する機会があり、その中で
八蔵園さんの紅茶に強い衝撃を受けました。
小さな20g入の紅茶でしたが、飲んだ瞬間、香り、味、そして
心にキラキラっとしたものが広がったのです。

五感を超えて心に飛び込んでくるお茶...
作り手の方の、力みや欲、曇りのない、透き通った想いが、
ストレートに伝わるお茶でした。

先日の世界お茶まつりで初めてお逢いすることができて、
鈴木さんの謙虚さとご厚意に甘え、畑や工場を見せてもらう
ことができました。

謙虚な姿勢でゼロから紅茶作りを始め、品評会で金賞を
取ってもまだまだ勉強...と仰る鈴木さん、そして土作り
から何度も何度も試行錯誤でお茶を育ててきたお父様。
お二人とも、纏う空気と笑顔がとても柔らかです。

しばきり園さんとお話した時も強く強く感じたのですが、
やはり気持ちや心は、生み出したものに宿るのですね。


そして!私の師匠の所で新たに扱う紅茶を購入。
熟成により香りがとても良くなった紅茶で、驚くことにその
紅茶の生産日が、私の誕生日でした!!

お茶のご縁、つくづく不思議でなりません。



茶流心縁...


お茶で心が繋がるご縁、心底、感謝です。


にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2010/11/05 00:30】 | 日本茶のこと
トラックバック(0) |


静岡大好き
生産者さんの思いって味に現れるのですね。謙虚だからこそおいしいお茶が作れるのでしょうね。


ひよこまめ
静岡大好きさん、コメントありがとうございます。^^

このような素敵なお茶が、まだまだたくさんあって、
キラキラの部分をお伝えしきれてないと思います。

生産者の方の想いを消費者の皆様にお伝えするのは、
とても責任ある、ある意味怖いことでもありますが、
やりがいを強く感じるのも事実。

誤解のないよう、勉強怠らぬよう、これからも頑張ります。

コメントを閉じる▲
今日も気持ちの良いお天気でした。

お昼頃、清水の水声園さんのお茶会に行ってきました。
(まちこの望月哲郎さんの所。)

水声園


のどかな道をドライブして、普段は静かだろう田舎道に
たくさんの車が止まり、大勢の方が集まっていました。

ぽかぽかお天道さまの下、おでんや手打ちそば、焼き椎茸
など、いただきました。
素朴さの中に心がほっこりするのは、たくさんの方の暖かさが
宿っているからですね。とてもあったかな休日を過ごすことが
できました。^^


茶流心縁

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2010/11/03 23:42】 | 日本茶のこと
トラックバック(0) |


静岡大好き
日本人はもともと農耕民族だったみたいですから自然の中が一番落ち着きますよね。都会に出るとどうしても落ち着かないです。


ひよこまめ
静岡大好きさん、コメントありがとうございます。

今日のように、山に囲まれた場所に佇んでいると、
普段は意識しない風の音、鳥の声など、いろいろ
感じることができます。

静岡大好きさんの仰るように、DNAの中に宿って
いるのかな?こういう場所で自分を見つめると、
本来の日本人らしさを取り戻せる気がします。^^

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。