日本人に生まれたからこそ..大切にしたい想い、文化を 共有したい..          素敵なご縁にありがとう^^ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


海 夕方の空



 色無き風

はなやかな情感を持たない秋風のことを、昔の人は
そう詠んだそうです。


夏の名残と、冬の兆しを織り交ぜながら...


時折、柔らかな金木犀の香りを纏いながら吹く秋風に
心が静かに、切なくなる。






風が強い







感情を振り切るように放った風が、誰かの心で、また違う
流れを起こしていて、その風の暖かさに、泣きそうだった。



繋げてくれている人がいるということ...



例えばそれが、私の願った形とは違っていても。
湛える想いに光が宿っているなら、無我夢中で走り抜けた
自分の軌跡に、少しだけ自信が持てる気がする。








風が、強い...








ただただ必死だった私と一緒に、壁を乗り越えようとして
くれたこと。自分自身と頑張って戦ってくれたこと。


心からありがとう。


やさしいお茶を、いつもありがとう。





にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2010/10/18 01:29】 | 徒然
トラックバック(0) |


静岡大好き
昔の人の感性はすごいですね。現代の人(少なくとも私)にはなかなか感じることはできないですね。こういった言葉を通していろいろなことを教えようとしてくださっているのでしょうね。


ひよこまめ
静岡大好きさん

コメントありがとうございます。
現代社会は、外界から流れてくる情報量が
多過ぎて、自発的に何かを感じようとしたり、
受け止めたりすることが、無意識に少なく
なっているのかもしれませんね。

風の強い時、目を閉じて風の流れを感じて
いると、少し素直に、自分や自分の周りの
ことに、向き合えそうな気がします。


茶茶豆
緊張・激しさ・ぬくもり、風の本質は形がなく感じるもの。

最初は戦友と歩きながら外に向かって吹いていた風が
自分の内に吹く時、嵐の中に光明が射し答えを感じられた。
風も光の一翼を担う、意志の繋がりなんですね。

本人の内にしか解らない、背水の陣でしたか。
たいへんでしたね。

まさに心に沁みいる教えです。
有り難うございます。




ひよこまめ
茶茶豆さん

感慨深いコメント、有難うございます。
“ 戦う ” という表現では語弊があるのかもしれませんが、
(もちろん、茶茶豆さんはそれも承知の上と知っています。)
結局、向き合うべき対象は自分自身なんですよね。

目に見える勝ち負けのその先に、目には見えなくても
感じることのできる光を見せてもらったから...。

また何度も、目に見えるものに囚われることの繰り返し
ですが、戻るべき位置を心に定めて、歩いていきたいと
思います。

行間の想いを、いつも言葉の光に翻訳してくださり、
有難うございます。^^

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
昔の人の感性はすごいですね。現代の人(少なくとも私)にはなかなか感じることはできないですね。こういった言葉を通していろいろなことを教えようとしてくださっているのでしょうね。
2010/10/18(Mon) 22:52 | URL  | 静岡大好き #-[ 編集]
静岡大好きさん

コメントありがとうございます。
現代社会は、外界から流れてくる情報量が
多過ぎて、自発的に何かを感じようとしたり、
受け止めたりすることが、無意識に少なく
なっているのかもしれませんね。

風の強い時、目を閉じて風の流れを感じて
いると、少し素直に、自分や自分の周りの
ことに、向き合えそうな気がします。
2010/10/19(Tue) 00:03 | URL  | ひよこまめ #-[ 編集]
緊張・激しさ・ぬくもり、風の本質は形がなく感じるもの。

最初は戦友と歩きながら外に向かって吹いていた風が
自分の内に吹く時、嵐の中に光明が射し答えを感じられた。
風も光の一翼を担う、意志の繋がりなんですね。

本人の内にしか解らない、背水の陣でしたか。
たいへんでしたね。

まさに心に沁みいる教えです。
有り難うございます。

2010/10/19(Tue) 02:39 | URL  | 茶茶豆 #-[ 編集]
茶茶豆さん

感慨深いコメント、有難うございます。
“ 戦う ” という表現では語弊があるのかもしれませんが、
(もちろん、茶茶豆さんはそれも承知の上と知っています。)
結局、向き合うべき対象は自分自身なんですよね。

目に見える勝ち負けのその先に、目には見えなくても
感じることのできる光を見せてもらったから...。

また何度も、目に見えるものに囚われることの繰り返し
ですが、戻るべき位置を心に定めて、歩いていきたいと
思います。

行間の想いを、いつも言葉の光に翻訳してくださり、
有難うございます。^^
2010/10/19(Tue) 23:31 | URL  | ひよこまめ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。