日本人に生まれたからこそ..大切にしたい想い、文化を 共有したい..          素敵なご縁にありがとう^^ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


雨降りの続いたお盆でした。


こんばんは



富士山の詳細をアップしていないのですが、
先にこちらを書き込んでしまいます。



先日、半ば思いつきのような感じで、長野に
行ってきました。
(善光寺、小布施、戸隠...)



初めての善光寺



雨降りの中、お朝事の時間に合わせて行きました。
しっとりとやわらかな雨も、風情があって良かったです。

雨の善光寺



雨のせいか参拝者は少なく、雨音と境内に響く読経だけの
荘厳な世界


何故かお寺に来ると(神社ではなく)懐かしさに心満たされるのは、
何かの縁があるからなのかな...



厳かに読経が響く中、以前、石井ゆかりさんの『禅語』という本
(女性らしい感性で、禅語をたおやかに紐解いていく内容)で
初めて知った、お戒壇巡りにも行ってきました。


本当に何も見えない真っ暗闇の中をゆっくりと進んでいく...

こんなに真っ暗な世界は、日常で体験するのは初めてかもしれない






ただただ、真っ暗な世界



これは、どういうことなんだろう









ゆっくり進みながら、暗闇に目を、心をこらす




地獄のひとつって、こういう所かな...
いくら進んでも何も見えない、聴こえない


自分独りでは、何も為し得ないことを思い知らされるような...

もし、ずっとこんな世界に独り置かれたとしたら、神様に
仏様にすがることしかできないんだろうな






もしかしたら、五感だけで感じるこの世界そのものが、
実は暗闇なのかもしれない


それが、仏教で言うところの“無常”とか、“無明”ということ?


五感だけで感じるものに心を奪われてしまうと、本当に
大切なことが見えなくなってしまう...


そこを超えられなければ、こういう世界に堕ちてしまうのかな...
気がつくまで、本当のことを求めるようになるまで



日常で起こる、困難や理不尽さも、自分が内側から気づいていく
ための機縁だとするなら


早く、気がつかなきゃいけない




牛に引かれて...というわけではなかったけれど





計らずも、初めての善光寺参りができたことに感謝



明日からまた、頑張らねば...









にほんブログ村 グルメブログ 日本茶へ
にほんブログ村

日本茶の世界への誘い...

スポンサードリンク


【2012/08/16 00:23】 | 日本の心
トラックバック(0) |


新潟のさっち
ご無沙汰しています。老舗御茶屋の御曹司さっちです。
ひよこまめさん、日々のご活躍に敬意を表します。
さて今春、新たな発見(認識)がありました。
自分の都合ではありますが、父母の反対を押し切って、小雨降る中、新茶の摘み取り作業をしてしまいました。露茶?と言って父母は非常に嫌っていましたが・・・
少し乾かして製茶したのですが、仕上がったところ、濁りが強く、まともな製品にはならないと父母に言われました(ショック!)
雨天の摘み取りは厳禁ですね。(知ってはいましたが、製茶がここまで濁るとは思いませんでした。反省)
亀の甲より歳の功でした。日々勉強です。
父曰く「雨が三粒降ったらお茶屋は休み」だそうです。本当かな?もしかして村上だけ?
また楽しい話題提供してください。かしこ
PS、ほんと、真っ暗だよね、善光寺の床下(笑)

おひさしぶりです
ひよこまめ♪
さっちさぁ~~~ん!!
コメントありがとうございます^^
ご無沙汰していましたが、お元気でしたか?


露葉..静岡では、“つゆっぱ”と呼ばれています。
お茶の葉に水分があると、蒸す時にムラになってしまい、
良くないそうですね。
露に濡れた葉を摘み取らないのは、村上だけでなく、全国
共通だと思いますが、お父様の『雨が~』の言葉は始めて
聞きました。ありがとうございます。

つゆっぱが良くないというのは、知識として知っていますが、
経験として実際に自分で確かめることができるのは貴重ですね。
私も、その場に立ち会いたかったです。

まだまだしばらく、日本茶にどっぷり浸かる日々が続きそうです。

さっちさんの面白ネタも、時々披露してくださいね。
(最近、めっきりメーリングリストお休みですね。(笑))


静岡大好き
お寺や神社に行くと心引き締まる感じがしますね。五感で感じることも大切だとは思いますが心で感じることも大事ですよね。


ひよこまめ♪
静岡大好きさん、コメントありがとうございます。

何故か私は、小学生の頃からお寺や神社に興味がありました。
お寺など、日常の喧騒から離れると、心が落ち着いたり、
もっと頑張らなきゃと、思えたりします。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰しています。老舗御茶屋の御曹司さっちです。
ひよこまめさん、日々のご活躍に敬意を表します。
さて今春、新たな発見(認識)がありました。
自分の都合ではありますが、父母の反対を押し切って、小雨降る中、新茶の摘み取り作業をしてしまいました。露茶?と言って父母は非常に嫌っていましたが・・・
少し乾かして製茶したのですが、仕上がったところ、濁りが強く、まともな製品にはならないと父母に言われました(ショック!)
雨天の摘み取りは厳禁ですね。(知ってはいましたが、製茶がここまで濁るとは思いませんでした。反省)
亀の甲より歳の功でした。日々勉強です。
父曰く「雨が三粒降ったらお茶屋は休み」だそうです。本当かな?もしかして村上だけ?
また楽しい話題提供してください。かしこ
PS、ほんと、真っ暗だよね、善光寺の床下(笑)
2012/08/16(Thu) 20:00 | URL  | 新潟のさっち #-[ 編集]
おひさしぶりです
さっちさぁ~~~ん!!
コメントありがとうございます^^
ご無沙汰していましたが、お元気でしたか?


露葉..静岡では、“つゆっぱ”と呼ばれています。
お茶の葉に水分があると、蒸す時にムラになってしまい、
良くないそうですね。
露に濡れた葉を摘み取らないのは、村上だけでなく、全国
共通だと思いますが、お父様の『雨が~』の言葉は始めて
聞きました。ありがとうございます。

つゆっぱが良くないというのは、知識として知っていますが、
経験として実際に自分で確かめることができるのは貴重ですね。
私も、その場に立ち会いたかったです。

まだまだしばらく、日本茶にどっぷり浸かる日々が続きそうです。

さっちさんの面白ネタも、時々披露してくださいね。
(最近、めっきりメーリングリストお休みですね。(笑))
2012/08/17(Fri) 00:14 | URL  | ひよこまめ♪ #-[ 編集]
お寺や神社に行くと心引き締まる感じがしますね。五感で感じることも大切だとは思いますが心で感じることも大事ですよね。
2012/08/17(Fri) 00:40 | URL  | 静岡大好き #-[ 編集]
静岡大好きさん、コメントありがとうございます。

何故か私は、小学生の頃からお寺や神社に興味がありました。
お寺など、日常の喧騒から離れると、心が落ち着いたり、
もっと頑張らなきゃと、思えたりします。
2012/08/24(Fri) 23:56 | URL  | ひよこまめ♪ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。